ア ミオ アージョ (A MIO AGIO) @大泉学園 その4

11:30

看板の写真を撮る

開店

綺麗な奥様が案内してくれる

小奇麗な店内

感触良し。

ちなみに今日は僕が知人二人を連れ来た

知人の感触も良し。

「これは絶対美味いですよ」

と言ってくれる

中には上着掛けがあり、

椅子下には荷物置きがある

ランチメニュー

男性2人と女性1人で来た

男性2人はCコース

女性はBコース

「めったに来れないから奮発する」

と言っていた

まずは前菜

ここはサラダよりも前菜を注文する事を強く勧める

前菜は絶品

量は少ないながらも、完璧な味付け

これ以降の食事を美味しくする

僕のパスタが次にきた

牡蠣の入ったパスタ

ちなみにメユーには旬の食材を使ったメニューになっている

フロア担当の奥様が丁寧に教えてくれた

でも

僕はこのパスタの評価は低い

量が少ないのは仕方が無いとしても

味に深みも無いし、

牡蠣を使っているならもうチョイ塩気があってもいいと思う

ちょっとづつ分けてみんなで食べた

同行した2人は美味いと言ってくれたが

知人男性のリゾットが次に来た

これは当たり

すげー美味い

一口だけ頂いたが、すげー美味い

リゾットの中に微塵にした林檎が入っている

リゾットに林檎ってこんなにも合うのだね

林檎は甘煮してある様子

こんなリゾットは人生初だよ

最上級

信じられないくらい美味い

次に知人女性の黒毛和牛スネ肉が来た

一口頂いた

僕の食べたところは固かったのか、僕はそんにには美味いと思わなかった

女性は角煮みたいと言って、喜んでいた

美味しいようだ

一口じゃわからないようだ

次に僕のメカジキが来た

すげー美味い

不思議な味

一口わけた知人も唸っている

さつまいものピューレをメカジキに合わせるか!?

美味いぞ

付け合せの野菜がちょっと固いのが気になる

歯の悪い父では食べれなかったろう

僕なら食べれるが

これも絶品クラス

食事を終えると、知人男性が、

「デザートも食べます」

と言い出す

「めったに来れないし」

食事が絶品だったため、デザートにも手を出すようだ

僕も女性もそれに乗る

結局全員デザートを頼む

3種類あるデザート、一人一つづつ注文

僕の頼んだ林檎のタルトが一番先に来る

美味いね

タルトはしっとりしてるし、ジェラートも美味い

甘煮した林檎がタルトを引き立てる

完璧です

次に苺のコンポート

女性が注文

冷たい苺がいいね

最後にピスカチオのクリームブリュレ

男性が注文

「僕はこれが一番当たり」

と言う

複雑に絡み合った手の込んだデザート

食後のドリンク

エスプレッソにアールグレイティーにホットコーヒー

全て一味違う

大泉の名店、十二分に堪能しました

奥様に

「ミシュランに乗ったって本当ですか?」

と尋ねると

「はい、星がついたわけではないのですが」

「小さな店に奇跡が起きました」

と言う

会計時には、一人づつ会計を予測してあり、スムーズに会計

かゆい所にも手の届くサービス

ただ

料理の提供時間が非常に長い

フロアひとり

厨房一人の店だから仕方ないのだけど

店内は予約の客で満席

2時間近くいたけど、席を立つ客はいなかった

回転が無くとも利益の上げるスタイルで営業している

なかなか珍しいスタイル

料理の提供時間が長いので、気の短い父にはどうかな?とも思う

家族を連れて来たいと思っているのだが

でも

リゾットやメカジキは信じられない位美味い

提供時間が長くても納得

ホントに信じられない

美味過ぎる

5段階評価の5

ぴあ大泉学園石神井公園食本 (ぴあMOOK)

新品価格
¥994から
(2017/2/1 11:18時点)

関連ランキング:イタリアン | 大泉学園駅和光市駅朝霞駅

スポンサードリンク