張記小籠包@中華街

17:25

張記小籠包へ

小籠包が美味いだろうと憶測で来た

店名に小籠包とあるし

中にはその時客がいなかった

「小籠包だけの注文って出来ますか?」

と尋ねると

「飲み物頼む?」

と聞かれ、

飲み物を頼むなら小籠包のみでもOKらしい

店内わりと清潔

伝統上海小籠包 6個 864円

ウーロン茶 300円

を注文

メニューを写真に撮ろうとすると、

「メニューは写真に撮っちゃダメ」

と言われた

そこでメニューにある、うんちくをメモ

極薄皮の中に秘伝のスープと旨味たっぷりの肉

とある

調理に1分ほどかかった

店員は、

「うちの小籠包は調味料いらないから」

と言う

「1個目は何もつけずに食べて」

と言い、

「2個目は酢をつけるもいい」

と言う

味は、

スゲー美味い

ちなみに焼き小籠包は箸で穴を開け、肉汁をチュウチュウ吸う

そうしないと火傷する

小籠包は箸で穴を開けるには皮が熱過ぎる

ちょっとかじって穴を開ける

最初の一個は熱過ぎて、唇がちょっと火傷

スープは熱いが美味い

それよりも

肉汁が抜群に美味く

今まで食べた小籠包で最高級の出来

2個目に酢をつけてみた

酢は味の非常に濃い黒酢

これはいらない

店員の言う通り、

調味料無しで食べるのがここの小籠包は正解

店員は片言の日本語だが、

愛想が良く(中華街では珍しい)、

好感が持てる

今日の中華街はお祭りだった

獅子舞が練り歩き

爆竹が至る所で鳴った

ここでの食事中、

獅子舞が店内に入って来て、

僕の頭を噛んだ

縁起が良いと言われている

いい事あると言いな

帰り際、
「スゲー美味かったです」
と言うと
「うちは美味しいよ。すごく行列が出来る事もある」
と言ってました

関連ランキング:上海料理 | 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅